友の会通信<2005.3>

2005年3月1日

会員各位

 窓の外から眺めるヴォーは一面の雪景色です。なんて美しい光景でしょうか!
 雪はきっと3月19日の一般公開の日まで残っていると思います。

 同封のチラシに2005年度の活動予定が紹介してあります。


<野外オペラ>

 ヴォー・ル・ヴィコントでは9月の8.9.10.11日の4日間、21時よりヴェルディのオペラ『椿姫』を上演致します。編集:Henri-Jean. 舞台装置:Jacques Garcia.衣装:Franck Sorbierのスタッフがお送りします。

(予約は3月1日から中央予約センター 「0 892 707 920」まで)

 上演前に18時から友の会会員専用ルーム(城の2階)にてメゾン・アンリオのシャンパンサービスがあります。オペラのアシスタントメンバーやガイド達が迎えてくれます。この部屋は3月19日から使用出来ます。


 2001年からヴォー・ル・ヴィコント友の会ではMaincyの街に設置される新しい焼却炉の建設に反対する問題に取り組んでいます。それはヴォーの城南西にあるVaux le penilのチェルシー丘に建設されるもので、いかなる保健衛生の予備調査もこの建設を正当化できるものではありません。この大規模な焼却施設は今までの小規模な旧式の施設に代わって建てられるもので、ヨーロッパ中の汚染物質がより集中する事になります。知事はMaincy近郊8つの街がダイオキシン汚染による重大な被害を受ける事を公認したのです。2004年2月から開発の承認を取り消す訴訟手続きをパリの役所におこしていますが一向に進んでいない状態です。

 その他、Maincy地域の訴訟は予審がムランの大審裁判所で行われ、2004年6月9日にヴィコント地域環境保護協会(AVIE)と110以上の沿岸地域住民による訴訟の併合が命じられました。

<総会の開催>

2005年6月17日の金曜日、今年の西地区の代表者を選出する総会が開かれます。城内にて夕食がふるまわれますので多くの人に出席していただきたいと思います。

ヴォー・ル・ヴィコントでは今年も皆様の来城をお待ちしています。

Cristina de Vogue
Presidente


<2005年活動予定>
開城日:3月19日〜11月13日
開城時間:10時〜18時(13時から14時まで閉城)
キャンドルの夕べ:20時から(庭園は23時まで)

●野外劇場
モリエールがヴォー・ル・ヴィコントに帰ってきました!アルルカン劇団の皆さんが城内4カ所を順繰りに、モリエールの喜劇を喜劇を流しで上演します(3月から10月の第一土曜日に3回上演)

●ヴォー・ル・ ヴィコントの復活祭
復活祭の週末、ちびっこ対象にチョコレートのお菓子作り教室が開かれます 開催日:3月27日(土)28日(日)

●偉大なる世紀の日
この日は特別に思い思いのコスチュームを身につけ、芝生の上で食事をとることが出来ます。
開催日:6月19日(日)

●野外オペラ
演目:ヴェルディの『椿姫』
9月8〜11日、21時より<要予約>

●もっと知りたい!ヴォーの街
この地方の産業の紹介、特産品の実演販売、試食会が行われます。開催日:10月1日(土)2日(日)

●ラ・フォンテーヌ展
ラ・フォンテーヌの『博物誌』の子供向け小劇場です。開催期間:10月22〜30日<要予約>

●花の見頃
春‥3月終わりから5月半ばまで チューリップが見頃です。
夏‥6月半ばから9月半ばまで

●噴水
3月26日〜10月29日まで、月の最終土曜日の15時から18時まで

●庭の探索
ヒントを元にパズルを解きながら庭を探索します(子供向け企画) 開催期間:3月19日〜11月13日、10時〜18時

●穴埋めパズルの本
6〜9歳向けの主に17世紀の時代に関する本と、10〜12歳、13〜15歳向けのニコラ・フーケの時代に関する本。

●キャンドルの夕べとテラスでのシャンパンサービス
5月7日から10月15日の毎週土曜日(9月10日は除く)
8月は木曜日と金曜日、それぞれ20時から。
庭園には2000本以上のろうそくが灯され、クラシックの音楽が流されます。テラスではシャンパンの試飲もできます。

●馬車博物館
3月19日〜9月13日の毎日開館。(キャンドルの夕べ時は閉館)

AAVVのコーナーへ

 TOP

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー