フランスに行ってきましたよレポ<ヴァンヌ編>

香港から飛行機で約10時間、午前7時ドゴール空港到着です。飛行機情報によると気温6度。おおっ息が白いわ!それからロワシーバスに乗ってオペラ座。ガラガラとトランク転がして地下鉄乗ってモンマルトル!ホテル最寄りの地下鉄ABBESSE駅は薄暗いわ(それはどこの駅も同じ)ラクガキだらけだわ(それはどこの駅も同じ)…え?じゃあどこが怖いかといいますと、まあとにかく薄暗くてラクガキだらけで何か壁紙はがれてるし超怖いです。それでなくともモンマルトルは観光客目当ての画家くずれの似顔絵かきに暴言浴びせかけられたりでロクな思い出がありませんのでビクビクしながら歩いてたのですが、早朝ということもあってか、何事も無く無事ホテル到着〜ああよかった。ちなみにABBESSEの駅はすごい地下にあるらしく、駅のホームから出入り口までエレベーターで移動です。エレベーターはバカでかくて面白かったです。

さてホテルです。ロビーはこぢんまりして(てか、こぢんまりしたホテルにしか泊まった事無い。)旅行者用の観光パンフとか雑誌なんかが置いてあります。日本人の姿もちらほらと。同じツアーで来た人たちなのかな〜?ここで最初の難関、受付のお兄さんに『今日はブルターニュ方面に行くのでこのホテルには泊まらずに荷物だけ預かって欲しい』と伝えねばならんのです!フフフ…フランス語なら仏検3級取ったよ…でもそれは一年前の話さ…今じゃあもう数字も数えられない始末さ…というわけで紙とペン装備で怪しいフランス語を駆使していたら、さすがに英語で応対してくれました。エエ人や〜〜私が訳の分からない事しゃべっても全然嫌な顔もしないし!モンマルトル好印象〜〜

ここでミノネツのお役立ちワンポイント英会話
受付のお兄さんに『今夜は部屋は利用しないんですよね?』という質問に『イエス!イエス!』と答えていたら、同じ質問を繰り返されたりどうも話が通じない様子。そう!向こうでは『否定文の質問されたら肯定はノー!』
『使わないのですか?』と効かれたら『はい、使いません』じゃなくて『いいえ、使いません』と答えないとヘンなのですね!いや〜中学英語もすっかり忘れてました。こういうのがパッと出てこないから異文化コミュニケーションは難しい。

めでたくホテルに荷物を預けモンパルナス駅へ。次の難関、TGVのキップです!2等席とか禁煙席とか、他にもいろいろ聞かれたらどうしよう!…ええと、英語の窓口があったので何とかなりました。なるべくフランス語を使いたいと思いつつどうしても英語に頼ってしまう私。すまねえフランス人!昼ご飯用にサンドウィッチ買ってワクワクドキドキとTGV!パリ発11:55分に乗ってヴァンヌまで3時間。ちょうど名古屋〜博多間ぐらいかしら?

ついにやってきましたこれがヴァンヌの駅でございますーーー!!うわ〜い普通の駅だーー

<ヴァンヌまめちしき>
アラミスことデルブレー神父がイエズス会の管区長やってるアラミスファンなら一度は訪れたいアラミスの本場!町の壁が真っ黒に塗られているらしい(ポルトス談)

駅構内に飾られていたモザイク絵。こんな聖人っぽい絵を飾ってるところがアラミスですね。ムヒョヒョ〜

今夜のホテルはジンコさん推奨の『アンヌ・ド・ブルターニュ』駅から近くて便利!部屋はなかなか広くて居心地良かったです。バスタブはありませんでしたが。とりあえず荷物預けてアラミスの街を散策〜。

この日は日曜日ということもありまして、通りは閑散店は一様に閉まってます。しかしブティックとかのウインドウを覗いてみたら私好みな服やら靴やらアクセサリーがわんさか陳列されてるじゃあありませんか!ほ、欲しいーー!こりゃ危なかったですよ!店が開いていたら速攻買い込んで金欠で日本に帰れなかったかもしれません!さすがアラミスこうやって私にガマンと倹約の心を伝えたかったのですね!

ヴァンヌのシンボルみたいなやつ
美濃市における「うだつくん」ですね!(全然違う)

これはイタチでしょうか?うわ〜めっちゃアラミスっぽいわ!フーケ様が
リスでアラミスがイタチ。小動物大好だねお前ら!うっひょう!(大喜びらしい)

ヴァンヌ編その2へ
旅行記一日目へ
TOPへ

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー