フランスに行ってきましたよレポ 3日目<ベルイール編>


さあ!本日私たちが目指すはベルイールでーす!フーケ様が島を買い取り要塞を作り鉄仮面一味が立てこもってポルトスが死んだ(ごっちゃ)ベルイール!ジンコさん情報によるとベルイールの博物館にはフーケ様の胸像があるんですってよ!ここに行かずしてフーケ様ファンは名乗れまい!(いや誰でもいいのでフーケ様ファン名乗って下さい)キブロンからフェリーが出ているそうなので早朝6:55のキブロン行きのバスに乗るべく5時起きでチェックアウト…をしようと思ったら、フロントは無人で電気もついてません。まあこういう安い所は当たり前といえば当たり前なんですが…ええと、チェックアウトしたかったんですけど!まだホテル代払ってないんですけど!チェックイン時にこのホテルのシステムしっかり聞いてなかったのよ〜!しょうがないので『すんません。夕方5時頃には戻ります』と置き手紙をしてこっそり出発。ううむ大丈夫かな?帰って来たら宿泊料金踏み倒しの容疑で手配されてないかな?そんな心配をしつつバスに乗りこむ私たち。運賃は前払い制で9.2ユーロ(約1,280円)。2日前の飛行機からくすねてきたサンドウィッチをほおばりつつ窓の外を眺めておりましたが朝8時近くまで夜が明けません。暗〜い森の中を通ったりするので異世界に紛れ込んだようなドキドキ感。キブロン行きのバスは通学バスも兼用らしく、途中のバス停でちびっこ達が乗ったり下りたり大賑わいでした。

とバスに揺られて2時間程。到着しましたベルイール行きの船が出るキブロンです〜!!私たちがバスから降りて船着き場を覗いてみると、ちょうどベルイール行きの船が出たようです。ヴァンヌのバス停でチェックしたフェリーの時間は9:30だよね。とりあえずフェリーのキップ買いましょうか。と、時刻表を見てみると何と月曜日だけ時間が違ったのです!たった今出て行ったのが9:00発のフェリー。次の出航は10:30分ですとーー!!一時間半待ち!ぐはーーっ!!遠い…ベルイールが遠い…しょうがないのでとりあえずキップ買ってきました。

まあとりあえず時間もある事だし、朝食代わりにクレープを昨日のヴァンヌで食べてハマったバターと砂糖のクレープ(ウマイぞーー!)食べながら街をぶらぶらしてきました。海岸線に沿ってホテルが立ち並んでおりますが、お土産屋は大きい所が2、3件。それほどギラギラした観光地っぽさは無く静かなものです(平日だしね)砂浜はあるのですが遊泳禁止になっていました。いやあのどかでいい所やね〜。一回り海岸沿いを見た所でそろそろ時間だし戻るぞー!船着き場では老人会(推測)の団体の皆様ががやがやとやってきました。いや〜皆様も冥土の土産…ゲフンゲフン。やっぱり『人生一度はベルイールだ』だね!(愛知万博のコピーのパクリ)楽しみだね〜もうすぐ船の時間だねフーケ様待っててね〜!と見つめる先は青い海と波穏やかな水平線。う〜むおかしい…何か変だ…とっくに船が見えてもいいはずなのに、船が来る様子も影もありません。フェリーに乗る場所が間違ってるのかと心配になって近くにいたイギリス人カップルに聞いてみてもこの船着き場から10:30発で間違いないみたいだし。と、10時半から15分ごろ過ぎた頃、館内放送で何かアナウンスが流れました。老人会の皆様が喜んでるのか文句を言ってるのかオーオー言ってます。私は当然聞き取れないのでボケーとしてますと、先ほどのイギリス人カップルです『あのさ、出航が一時間遅れるってさ』

ガーーーーン!!

キナミさんの通訳によると『月曜日だけ運行時間が違うから間違えたみたいだよ』って‥ふざけるな!!そのあと、イギリス人カップルは俺たちは時間もあるし街を観光してるからいいんだけどね。とか言ってましたがお前らの事なんかどうでもいいよ!(いや、教えて下さって感謝ですよ。)酷いよ!間違えるなら最初から月曜だけ違う時間割にするな!私たちははるばるヴァンヌからバスに乗って、いや日本から飛行機に乗ってやって来たというのにこの仕打ちは何!?ひどい…ひどすぎますフーケ様!!一時間遅れの11:30の船に乗って到着が12:15分。帰りは午後1時半のフェリーでないとヴァンヌ行きの帰りのバスに間に合わないからベルイールの滞在時間は一時間ちょっとですよ!こんなのってアリ?たまんないよ泣きそうだよ。そうだ!樽だ!樽もってこい!ベルイール付近の海に発生する渦に巻き込まれて侵入するんだよ!止めるな!止めるんじゃねえキナミさん!フガー!許せねえ!フェリー係のドアホ!低能!死んで詫びろ!どうせわからねえから海に向かって日本語で絶叫。後ろで文句を言ってる様子も無くのんきにのんびり一時間遅れのフェリーを待つ家族連れや老人会の皆様にも腹が立ってきたよ!何でお前ら文句言わねえんだ!ここでみんなが文句言って暴動でも起こしたらもしかしたら臨時フェリーでも出してくれるかもしれんのに…うっうっ…お前らみんな大嫌いだーーー!フェリーのアホー老人会のアホー!海のアホー!

私の怒りと悲しみを知ってか知らずかまあ知ったこっちゃないよなと待ち続けて一時間。やっとのこさ船がやってきました。臨時に出した船だからかしら?9時に出航していった船より小型です。10時30分とその次の回の乗客を一度に載せるから座席がギリギリいっぱいの満席です。まあ遅刻はともかく普段乗る機会がめったにないだけに船に乗れるだけでも嬉しいね〜☆途中大砲を打ち込まれることなく、泳いでる象もみかけることなく潮風に吹かれて45分。見えてきましたあれが!あれがフーケ様の島、ベル・イール・アン・メールです〜!くぅうーーっ!盛り上がって来たぞーー!(ローシュフォールっぽく)

アニメ三銃士のベルイール
実際のベルイール

全然ちゃうよ!

島の端から端まで全景を捉えようと思ったらパノラマ写真3枚使っても追いつかないくらいでっかい島!いやあもう私なんかバッチリアニメ三銃士の影響ですね、絶海に浮かぶ孤島、断崖絶壁にデーンとそびえ立つ要塞を想像してましたね。普通に平べったくて大きい島ですね。別に樽に入らんでも簡単に侵入できそうです。

そんなこんなでやっとのこさベルイール上陸。ああベルイールは遠かった…

ベルイール編その2へ

戻る

top

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー